この記事は、2019 年 6 月 5 日に米国本社で発表されたプレスリリースの抄訳をベースにしています

マイクロソフトとオラクルは、 Microsoft Azure と Oracle Cloud 間でミッションクリティカルなエンタープライズワークロードを移行し実行することが可能となるクラウドの相互運用性に関する提携を発表しました。 これにより、法人のお客様は、アナリティクスや AI といった Azure サービスと、 Autonomous Database などの オラクルクラウドサービスをシームレスに接続できるようになります。

今回の提携で、お客様は一部のワークロードを Azure で実行し、同じワークロードの別の部分をオラクルクラウドで実行することが可能となり、高度に最適化された両クラウドの最高の部分が体験できます。Azure とオラクルクラウドを組み合わせることで、お客様のビジネス全体を支えるにあたって必要なすべてのクラウドサービスやアプリケーションをワンストップで提供します。

ネットワークや ID の相互運用によリース Azure とオラクルクラウドを接続することで、向上・改善型の移行がシームレスに行えます。今回の提携で、両クラウドが高速かつ信頼性の高いネットワークで直接接続できるようになることはもちろん、法人のお客様が期待する最高の顧客サービスやサポートが引き続き 2 社から受けられます。また、オラクルクラウドでオラクルのソフトウェアを実行し、Azure でマイクロソフトのソフトウェアを実行しているお客様に相互運用性を提供するだけでなく、オラクルクラウドの Exadata インフラストラクチャー上で実行している オラクルクラウド Database に対し、Azure 上で Oracle E-Business Suite や Oracle JD Edwards を実行するといった新しい革新的なシナリオも実現できるようになります。

続きはこちら