日本マイクロソフトとソフトバンクが次世代コミュニケーション環境の構築に向けた戦略的パートナーシップを締結


日本マイクロソフトとソフトバンクは、次世代コミュニケーション環境の構築に向けた戦略的パートナーシップを結び、Office 365におけるコラボレーションツールMicrosoft Teams向けの音声通話サービス「UniTalk(ユニトーク)」の提供を、2019 年 8 月 1 日から開始します。UniTalkは、Microsoft Teamsのユーザーがオフィスや外出先からパソコンやタブレット、スマートフォンなどを使って、固定電話番号(0AB-J 番号)での発着信ができる新しい音声通話サービスです。日本においてMicrosoft Teams向けの音声通話サービスを提供するのは初めてです。

Microsoft Teams」は、Office 365においてチームワークを実現するためのコラボレーションハブとして機能するアプリケーションです。チャットによる会話を軸に、資料の共有や同時編集、ビデオ会議や企業向け電話機能、各種アプリケーションとの連携が可能です。すでに海外の多くの地域で、Microsoft Teams向けの音声通話サービスが提供されていますが、日本においては初めて、ソフトバンクがUniTalkを提供します。

 

続きはこちら