(この記事は2019年6月5日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事 Expanding partner opportunities with Azure in the Cloud Solution Provider programの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。

デジタルトランスフォーメーションは、 組織が価値を生み出す方法を急速に変えています。今日のお客様は、複雑なテクノロジーの決定に直面しています。これらの意思決定を行う人々は、事業部門の購買者であり、テクノロジーの購入方法はセルフサービス化、専門化されてきています。今日の購買者は、独自の調査を行うことを好み、マーケットプレースで製品へアクセスし、アプリをダウンロードし、製品の試用をまず行います。パートナーに声がかかる段階になると、ライセンス販売だけではない、専門的なコンサルティング支援、付加価値サービス、深いスキル、業界やニーズに合わせた経験を提供するパートナーを必要としています。

 

パートナー経由、マイクロソフト Web サイト経由、または マイクロソフトの営業経由など、お客様が Microsoft Azure を購入する方法に関係なく、マイクロソフト パートナーとして貴社はお客様のライフサイクルのすべての段階で重要な役割を果たします。お客様が Azure にコミットする最新のサポートと付加価値サービスをお客様に提供するために、マイクロソフトはパートナーの皆様に依存しています。

 

今日および将来の新しい機会に備えるために、当社はパートナービジネスとマイクロソフトパートナーネットワークに対して、今後1年間に投資を行います。これらの投資は以下を提供します:

 

  • お客様が貴社の専門分野を理解できるように差別化する新しい方法。
  • マーケティングおよびイネーブルメントのリソースとサービスへのアクセスの増加。
  • お客様にリーチし、アプリやサービスを販売するためのより多くの方法。

 

マイクロソフトは、カスタマーエクスペリエンスを合理化し、パートナーがお客様への影響力を拡大し、お客様が購買のどのステージにいるかやマイクロソフトとの取引方法に関係なく、デジタルトランスフォーメーションをさらに支援できるように、コマース プラットフォームを進化させています。

 

パートナーにとって最大のチャンスは、変化する状況に対応する付加価値サービスを提供し、マネージド サービス、専門のビジネス アプリケーションの開発と展開、計画・実装・統合・セキュリティ・コンプライアンスを必要とするプロジェクトから最も高いマージンを得ることです。

 

ビジネスの成長を加速するAzureの新しい機能

2019 年 10 月には、パートナーが Microsoft Azure で顧客にサービスを再販、管理、および提供するための新しい機能をクラウド ソリューション プロバイダー プログラムに追加する予定です。CSP の Azure のこれらの機能強化により、顧客が Azure を購入する方法全体で、製品の整合性が取られ、共通の価格エンジンが導入されます。貴社はAzure の最新のイノベーションを、マイクロソフトの Web サイトまたはマイクロソフトの営業を通じて同時に提供できます。また、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムのパートナーは、マイクロソフト (ファースト パーティ) およびパートナー (サード パーティ) オファーを使用する差別化されたサービスを構築できます。

 

サービスベースの収益性を高めるために、Azure でサービスを提供するパートナーに報酬を与える CSP サービスマネージド ディスカウントを導入します。この割引は、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムの Azure の現在のトランザクションマージンに替わるものとなります。これは、マイクロソフトから請求され、顧客の CSP Azure テナントに管理者アクセスで関連付けられているパートナーに Azure CSP 請求書の割引を通じて提供されます。適格なパートナーは、CSP の新しい Azure エクスペリエンスでインセンティブを引き続き獲得できます。

 

顧客とパートナーからのフィードバックに基づいて、CSP の新しい Azure エクスペリエンスでは、単一の価格表を 米ドル (USD) で使用し、顧客とパートナーにグローバル規模で一貫した価格設定を提供します。これにより、お客様がマイクロソフトから Azure を購入する方法に関係なく、より透明性が高く簡素化された価格の参照が可能になります。

 

CSP またはその他のプログラムで Azure の現在のバージョンを使用しているお客様の移行を合理化するために、適切なガバナンス、カスタマー エクスペリエンス、およびポリシーを組み込んだツールを提供し、CSP の新しい Azure エクスペリエンスに移行します。これらのツールと機能は、2020年度の第2四半期に利用可能になります。

 

現在の Azure CSP の提供とプラットフォームは、数か月間新しい Azure エクスペリエンスと共に引き続き利用できるため、新しい Azure 機能をサービスに組み込み、お客様を新しいエクスペリエンスに移行する時間があります。

 

新しい簡素化された契約

この強化されたコマース エクスペリエンスの一環として、パートナーやお客様がマイクロソフトと関わり、ビジネスを行うためのアジャイルな方法を可能にし、透明性の向上とビジネス成果の向上を実現しています。クラウド ソリューション プロバイダー プログラムに対して、マイクロソフト パートナー契約とマイクロソフト カスタマー アグリーメントという新しい契約フレームワークを導入します。

 

  • 9 月 1 日から、マイクロソフト パートナー契約は、マイクロソフト クラウド リセラー契約 (MCRA) およびマイクロソフト クラウド ディストリビュータ契約 (MCDA) に置き換わります。
  • 10 月 1 日から、マイクロソフトカスタマーアグリーメントは、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムを通じて提供されるすべてのお客様に対して、マイクロソフト クラウド契約による置き換えが開始されます。

 

より多くを学び、情報を得る場所

クラウド ソリューション プロバイダー プログラムをご利用の場合は、パートナー センターにサインインすることで、今年後半に予定されている新機能の詳細を確認できます。

 

クラウド ソリューション プロバイダー プログラムの詳細を知り、クラウドの機会を活用する場合は、マイクロソフトパートナーの Web サイトを参照してください。

 

マイクロソフトと提携して収益性の高いビジネスを構築し、当社のプラクティス開発ガイダンスに従って提供するサービスを拡大しましょう。

 

Microsoft Inspireにご参加ください

7 月 14 日から 18 日まで、米国ネバダ州ラスベガスで開催されるMicrosoft Inspireにて、パートナーシップの機会について詳しくお話します。The Hubのパートナー ネットワーク ブースでは、Azure を使用してマネージド サービスを拡大し、収益性を高めるために、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムとマーケットプレースで行っている投資について説明します。

 

関連記事