行進曲「威風堂々」が突然デンバーの道場に響き渡りました。この曲が、いつもコンピュータゲームから流れてくるベル、笛、鐘の音やダンスビートをかき消しています。

「忍者」たちが手を止めました。なぜならこの曲は、彼らの中の誰かが初めて待ち望んでいた黄色いベルトを手に入れた時に流れる曲だったからです。正面には 3 人の先生が笑顔で立っています。11 歳のグレイディ ハーデン (Grady Harden) の名が呼ばれました。グレイディは、今まさに恐竜をテーマとした「走ってジャンプ」という最新のゲーム作品を仕上げたばかりです。

先生はグレイディの頭に黒いはちまきを結び、式典を始めました。そのはちまきには「Code Ninjas」(コード忍者) と書かれています。これは、子どもたちがコーディングと問題解決の方法を学ぶ武道方式のプログラムなのです。次に、先生はグレイディに新しい帯を手渡しました。今回手渡されたベルトは黄色で、RFID 対応のリストバンドです。最後に、歓声が上がりました。

続きはこちら