パートナー様の中には、 あらゆるマイクロソフト製品のあらゆるライセンスオプションをすべての従業員が完璧に理解し滞りなく営業活動を進められれば、 と思い描く方もいらっしゃるかもしれません。 と同時に、 それは非常に難易度の高いことである、 と考える方も多いのではないでしょうか。 しかし、それは実現不可能な夢物語ではなく、 パートナー様におけるちょっとした工夫と、 マイクロソフトから提供されている情報やサービスを最大限活用いただくことによって、 実現への近道は以外にもすぐそばにある、 と感じることができるかもしれません。

あるパートナー様(「A社」とします)では、以下のような取り組みを実施することにより、社内の問い合わせが半分に減り、より生産性の高い営業活動へ転換できました。ぜひ、参考にしてみてください。

 

  1. マイクロソフトから提供されている基本コンテンツを徹底的に活用する

マイクロソフトからお届けしているライセンスに関する基本コンテンツを以下に2つご紹介します。A社ではこれらのコンテンツの学習を現場に徹底し、知識の底上げを実現しました。

 

■ マイクロソフト コマーシャル ライセンス早わかりガイド(資料)

 

マイクロソフトのオンラインサービスやオンプレミス製品について基本的な情報を広く網羅したライセンス基本書です。A社では、この「早わかりガイド」の活用で問い合わせが激減したとのことです。

 

■ マイクロソフト ライセンスベーシック(ウェビナー)

 

マイクロソフトのライセンスの基本について、ウェビナー形式で学習いただけます。オンデマンドタイプですので、好きな時に好きな場所からご視聴ください。

(本ウェビナーで使用した資料はこちらからダウンロード可能です)

 

  1. イントラネットを開設し、情報を集約

前述の資料やウェビナーをはじめとする、ライセンスに関連する情報を集約したイントラネット(ポータル)を開設し、利用を促しました。またA社では、Botを導入することにより社内からの問い合わせ対応の迅速化、効率化を実現しました。

 

  1. 社内啓蒙活動の推進

A社では、支店長会議のような部門責任者が集まる場などでコンテンツの徹底活用やイントラネットの利用を徹底したり、全社員向けのメッセージ発信(メールなど)を継続したりなど、社内啓蒙活動に努めました。

 

A社での取り組み以外にも、マイクロソフトからご提供するさまざまなサービスがあります。その一例が「クラウド ビジネス相談センター」です。ライセンスや製品機能、見積もりのアドバイスやシステム構成の相談などなど、パートナー様が気軽にご利用できる総合相談センターとなっています。(関連ブログ記事:『2/18 よりクラウド ビジネス相談センター日本語対応製品が拡張』)

 

クラウド ビジネス相談センターは、Gold/Silverコンピテンシーをお持ちかMAPSご購入のパートナー様がマイクロソフトのクラウド製品についてご相談いただけるMPN特典です。とくにGold/Silverコンピテンシーをお持ちのパートナー様におかれましては、ご提案中の案件に関連するお問い合わせであれば(*)無償でご利用いただけますので、ぜひ積極的なご活用をお願いいたします。

 

(*)ご提案中のお客様名をマイクロソフトとご共有いただける場合