スターバックスの店舗に足を踏み入れると、 世界中どこでも似たような風景が広がっています。コーヒー豆を挽き、エスプレッソショットを抽出し、 注文したコーヒーができあがるまでバリスタとお客様が話している風景です。

この様子は日常のありふれたシーンにしか見えないかもしれませんが、1 週間にスターバックスに訪れる 1 億人以上のお客様をもてなすために慎重に調整されています。スターバックスでは、マイクロソフトの支援を得てクラウドコンピューティングからブロックチェーンに至るまでさまざまな最新技術を採用、店舗での顧客体験をよりパーソナルでシームレスなものに作り上げているのです。

「スターバックスには、日々画期的なイノベーションに取り組む世界レベルの技術者チームが存在します。彼らの創作力や知的好奇心が、スターバックスの体験を実現しようとする献身的な取り組みにつながっています。テクノロジを体現するにあたり、こうした取り組みの重要度はますます高まっています」と、スターバックス エグゼクティブバイスプレジデント 兼 最高技術責任者のジェリ マーティン-フリッキンガー (Gerri Martin-Flickinger) 氏は述べています。

「スターバックスのテクノロジに対する取り組みは、すべて店舗でのお客様とのつながりが中心となっています。人間的なつながりや、ひとりのお客様、1 杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティといった、それぞれのつながりを重視しているのです」

先日開催された Microsoft Build 2019 カンファレンスにて、マイクロソフトの最高経営責任者であるサティア ナデラ (Satya Nadella) は、スターバックスが新しい技術を駆使して特徴的な顧客体験を提供している様子を披露しました。

続きはこちら