2030 年までに新鮮な水に対する需要は、供給をほぼ 40% 上回ると推定されています。水・衛生・エネルギーに関するテクノロジーおよびサービスの代表的なグローバル プロバイダーであるエコラボは、Azure と Dynamics CRM Online を含むマイクロソフトのクラウドを利用して、世界中の企業がより持続的に活動することを支援しています。利用効率を向上させ、水、エネルギー、および運用コストを削減するために、世界中の施設にある無数のセンサーと接続されているプラットフォームが、リアルタイムの水利用データを収集し、分析しています。

エコラボとマイクロソフトが世界の水不足問題に取り組む

水の管理を改善しなければならないという警告は数十年にわたって発せられており、最近もカリフォルニアの干ばつなどの現象がニュースで話題になっています。芝生の散水をやめたり、シャワーの時間を短くしたりして、家庭で水の節約に取り組んでいる人もいます。しかし、個人的な水の節約は、一歩前進ではあるものの、解決策の一部にすぎません。3 分間のシャワーの後に飲む朝のコーヒー 1 杯を作り出すには 55 ガロン (208 リットル) の水が必要です。あなたが今着ているシャツを製造するためには、さらに 700 ガロン (2,650 リットル) の水が、通勤に使っている車の製造には 39,090 ガロン (148,000 リットル) という膨大な量の水が必要です。幸い、水・衛生・エネルギーに関するテクノロジーおよびサービスの代表的なグローバル プロバイダーであるエコラボが、毎日私たちが利用している商品やサービスを今までよりはるかに少ない水で生産し、提供できるように改善することを使命として活動しています。

続きはこちら