(この記事は2019年4月19日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事 Partners get deeper access with co-location of Microsoft Inspire + Microsoft Readyの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

マイクロソフトとパートナーの皆様との協業関係は、マイクロソフトにとって最も重要であり、当社は協業がより深まることに全力を注いでいます。貴社のパートナーとしての当社の役割は、パートナープログラムのポートフォリオ整理だけではありません。それは人のことにまで及びます。パートナーがより多くのことを可能にする、という信念により、2年連続でマイクロソフトの最大のパートナーイベント Microsoft Inspire を、マイクロソフトのセールス、マーケティング、および技術セールスのための年次社員総会であるMicrosoft Readyを組み合わせました。

 

「こんなに多くのマイクロソフトの人々と対面できる、このような経験はまたとありません。」

Tori Simpson
Head of Digital Marketing
Resource IT

 

パートナーの皆様が Microsoft Inspire で互いにつながりあう機会に加えて、Microsoft Ready との同時開催は、このイベントにもう1つの重要な側面を追加します。パートナーとマイクロソフトの従業員が互いにネットワークを持つためのより大きな可能性、相互の成功の鍵となるパートナーシップを育みます。

 

「毎年、世界中から参加されるパートナーの皆様は、マイクロソフトにインスピレーションを与えてくれ、他の場所ではできないつながりを作っています。」
Lisa Harper
Microsoft Inspire + Microsoft Ready Executive Producer
Microsoft

 

2つの同時開催イベントでマイクロソフトの従業員とのつながりを作る

パートナーの皆様のご旅行をお待ちしているマイクロソフトの従業員とのネットワークを築きましょう。Microsoft Inspireと Microsoft Ready の共催企画の際には、さまざまなつながりの機会があります。

  • 新企画!ハブ:これまでのところ、Microsoft Inspire のパートナー展示とMicrosoft Ready の社員展示 は、ハブと呼ばれる1つの共有の経験となります。さらに、ネットワーキングのための時間をさらに半日追加したことで、これまで以上に多くのパートナーやマイクロソフトの従業員とつながることができ、他方で貴社のお客様の成功を支援するマイクロソフトのテクノロジーに関するセッションコンテンツをより深く掘り下げ、やりとりを行うことができるようになりました。
  • 地域別の宿泊場所: パートナーの皆様からのフィードバックを取り入れ、近い地域でビジネスを行っている人々とつながりやすくなりました。マイクロソフトの従業員とパートナーの宿泊施設を地域別に整理しました。
  • 共通のコアノートセッション: Microsoft Inspireと Microsoft Ready の両方で重要なことは、1つの マイクロソフトコミュニティに所属しているという意識を醸成することであり、同じコアノートセッションに参加することで、このコミュニティ意識を強化します。
  • 統合されたソーシャルエクスペリエンス: マイクロソフトのパートナーと従業員は、「ワン・セレブレーション」のようなイベントに集まり、当社との共通の成功を祝う機会があります。個人やグループ全体で、成果を認識し、やりがいを感じ、称賛することは、お互いをより身近なものにし、将来の成長を鼓舞し、動機となる環境を作り出すのに役立ちます。

事前に準備されたイベントであれ、偶発的な立ち話での会話であれ、今年の Microsoft Inspireは、ビジネスを強化する貴重なコネクションを作るために、これまで以上に多くの機会を提供します。当社では、皆様のラスベガスでのイベントでご一緒できることを心からお待ちしています。

 

関連記事