Microsoft 365 と Microsoft Azure 向けに AI 主導型のコラボレーションとハイブリッドクラウドのイノベーションを新たに提供

2019 年 5 月 6 日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳をベースにしています

開発者向け年次イベント Microsoft Build 2019 において、マイクロソフトは、あらゆる開発者に向けたインテリジェントで生産性が高いソリューション構築のための新テクノロジを発表しました。また、Starbucks、J.P. Morgan、Kroger、Spatial、Epic Games といったマイクロソフトのお客様とパートナーが、インテリジェントで顧客中心型の体験を提供する新規ソリューションを紹介しました。

今回の発表には、アプリとウェブにおける新たなコラボレーションとプロダクティビティのサービス、そして、常に変化する仕事の特性に対応するための Microsoft 365 の AI 機能が含まれます。さらに、マイクロソフトは、Azure とWindows 向けにオープンソースのテクノロジと開発ツールを提供します。マイクロソフトの信頼性と拡張性に優れたプラットフォームは、インフラストラクチャ、データ、AI、Mixed Reality (複合現実)、プロダクティビティ、コラボレーションの分野にわたって、世界中の開発者とテクノロジを結び付け、企業や個人のための革新的な体験構築を支援します。マイクロソフト CEO サティア ナデラ (Satya Nadella) は基調講演において、Microsoft Azure、Microsoft Dynamics 365、Power Platform、Microsoft 365、そして、Microsoft Gaming に関するマイクロソフトのビジョンと開発者の機会について紹介しました。

続きはこちら