TMI総合法律事務所の大井哲也弁護士と日本マイクロソフトが共同で実施するオンラインセミナー第二回目です。米国民事訴訟の手続きの一つとしてDiscovery(証拠開示制度)があります。ビジネスのグローバル化に伴い、日本企業も必要な場合に確実に関連するデータを提供できるよう備えておくべきです。本オンラインセミナーでは、企業が留意すべきポイントを改めておさらいした上で、組織内のデータを効率的に探し出すマイクロソフトの eDiscovery ソリューションについて、ご紹介します。

特に、以下のようなお客様にお勧めします。

  • 企業のIT担当のお客様
  • 企業のコンプライアンス/リスクマネジメント担当のお客様

詳細はこちら