いま、医療機器業界に大きな変化が訪れようとしています。2018 年 5 月、厚生労働省は医薬品医療機器等法の改正を見据え、「条件付き早期承認制度」や「先駆け審査指定制度」を法制化する議論をスタートさせました。最先端の治療を短期間に審査、承認できるようにすることで、患者への適用を早めるのが目的です。今後、医療機器メーカーは優良な機器をいかに素早く開発し、市場提供できるかが問われるようになるでしょう。


デジタル X 線画像診断システムをはじめ、数多くの医療機器を製造しているコニカミノルタは、こうした業界動向を見極め、研究開発の迅速化にいち早く取り組んできました。同社は製品開発に関わるドキュメントの管理、および市場提供後に顧客から寄せられる苦情や品質情報と管理ドキュメントとを結びつけるトレーサビリティを、東洋ビジネスエンジニアリングの提供するクラウドサービス Business b-ridge で確保。これによって各国の医療機器認証への対応を格段に向上させるとともに、開発スピードを高めているのです。コニカミノルタの製品開発を支える Business b-ridge は、強固なセキュリティ ポリシーのもとに運用されている Microsoft Azure をプラットフォームとしています。

続きはこちら