働き方改革関連法案が成立し、労働時間にかかわる制度が大きく変わろうとしています。2019 年 4 月より、一部職種を除き、時間外労働の上限が月 45 時間、年 360 時間に定められるのです。生産年齢人口の減少も進む中、企業には本質的な働き方改革が求められているといえるでしょう。ここで懸念されるのが、勤怠管理の厳格化を背景に、申告時間と実際の勤務時間との間にギャップが生じてしまうことです。ユーザー申告に基づいた勤怠管理を進めるだけでは、本当の意味で生産性にメスを入れることはできません。従業員の勤務実態の把握は、働き方改革を本質的に進める上では欠かせないファクターなのです。

人材業界をリードするパーソルホールディングス (以下、パーソルHD) では、このような勤怠管理の現状を見定め、本質的な働き方改革を推進。グループ会社であるパーソルプロセス&テクノロジー (以下、パーソルP&T) が提供する「MITERAS 仕事可視化」で、健康経営に不可欠な “勤怠実態の把握” を実現しています。同システムは、強固なポリシーのもと運用される Microsoft Azure がその安定稼働を支えています。

続きはこちら