同社のイノベーションプラットフォーム ICT-AI プラットフォームとして Microsoft Azure を活用

日本マイクロソフトは、精密・医療機器のリーディングカンパニーであるオリンパスが、デジタルトランスフォーメーションを推進するために、同社の次世代製品、サービスのイノベーションプラットフォームである ICT-AI プラットフォームにマイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム Microsoft Azure を採用したことを発表します。今後、オリンパスは、ICT-AI プラットフォーム上で、医療や科学、映像事業などの事業分野において、既存製品サービスの高付加価値化と新規ビジネスの開拓などに向け、同社の AI や IoT を活用したサービスを提供していく予定です。

続きはこちら