市場競争は日に日に激化しています。 旧態依然としたサービス提供を続けていては、いずれ顧客からの支持が得られなくなってしまう。 そんな時代が訪れつつあるのです。 絶えず新たなイノベーションを構想してサービスに反映していく、 このサイクル無しには、プレゼンスを堅持することは困難だと言えます。

独自の無線通信技術を武器に国内アンテナ市場で圧倒的なプレゼンスを堅持している日本アンテナは、今、この “イノベーション創出のサイクル” を大きく加速させています。例えば、2017 年より国土交通省とすすめている「革新的河川管理プロジェクト」を通じ、同社は水位計と無線通信、そして IoT を複合させた「クラウド型水位計」を開発。従来ビジネスの枠組みに捉われない新しい価値をもって、官民連携の下、河川氾濫の水防に取り組んでいるのです。この「クラウド型水位計」は、Microsoft Azure が、その安定した稼働とサービスの発展性を支えています。

続きはこちら