お客様のクラウド利用には、通常複数のパートナーの皆様がかかわります。 販売、移行、展開、運用、拡充の段階で、それぞれの得意分野を持ったパートナー様が案件に関わってきます。 一方、 マイクロソフトから見えるパートナー様の貢献については、旧来は販売のみでしたが、 商談をプライマリーパートナーとして推進する指名パートナー (DPOR)制度が始まり、 さらにクラウドサービスの種類により、より適切で複数のパートナーの貢献が可視化できる仕組みがいくつか始まっています。

この記事では、クラウド消費に関するパートナーの皆様の貢献度を計測する方法についてのまとめを提供します。

 

 

 

Microsoft 365 / Office 365 / EMS の場合

クラウドサブスクリプションに貢献しているけれども DPOR になっていない場合、貴社の貢献による使用と消 費が以下のソースから計測されます。
  • マイクロソフト社内勘定システムで計上された販売パートナー (Transacting Partner)
  • 代理管理権限 (DAP): Office 365、Microsoft Intune、Enterprise Mobility Suite でお客様により DAP 権限を付与されたすべてのパートナー
これよりパートナーの皆様がより多くの貢献の評価を受け、クラウドコンピテンシー獲得により近けられるようになります。当社側ですべて自動的に処理しますので、貴社側での対応は不要で、上記のいずれかの方法で貢献をいただくだけです。
また、パートナーアソシエーションがインセンティブにどのように関係するかですが、これについては従来と変更はなく、インセンティブを得るにはDPOR が単一かつ唯一の方法です。

 

 

Azure の場合

Azureのクラウド消費売上 (Azure Consumed Revenue, 以下ACR) を追い求めることは、マイクロソフトと提携するための第一歩です。企業のお客様の利用方法の選択肢を考慮したときに、パートナーの皆様がクラウド消費への貢献を表現する方法にも様々な (複雑な) 方法が存在します。これらの方法を理解したうえで最も適切な手段をご選択ください。

  1. パートナーアソシエーションとACRの追跡は、パートナーの貢献度を証明する唯一の方法です。
  2. パートナーアソシエーションの追跡は、クラウドプラットフォームコンピテンシーの取得上重要であり、要件を満たすと、無料の Azure、無料サポート、無料の IUR等を取得できます。
  3. パートナーアソシエーションの追跡により、マイクロソフトからインセンティブをお支払いします。
  4. パートナーの貢献度の理解により、より良いカスタマサポートエクスペリエンスの提供につながります。
  5. ACR への貢献を追跡するパートナーは、マイクロソフトのGo-To-Market資金調達プログラムをより多く利用する傾向にあります。
  6. ACR へのパートナー貢献度は、マイクロソフトのアカウント担当営業 (AE) とチャネルマネージャー (xCM) にとって共同販売プログラムの重要な指標となります。
  7. ACR へのパートナー貢献度は、パートナー担当営業 (PDM)、技術エバンジェリスト (TE)、およびクラウドソリューションアーキテクト (CSA)の成功の重要指標のひとつです。
  8. ACR への貢献度を見ることで、パートナーがお客様の Azure サービスの利用方法を見ることができます。

以下に、ACR へのパートナーの貢献を追跡するための5つの方法を示します。(Azure Marketplaceからのトランザクションはあえて入れていません)

  • デジタル指名パートナー (Digital Partner of Record, DPOR)
  • パートナーアドミンリンク (Partner Admin Link, PAL)
  • 顧客の使用状況の属性 (Customer Usage Attribution, CUA)
  • エンド顧客としてのパートナー (Partner as End User thru PAYG, EA)
  • クラウドソリューションプロバイダー (CLoud Solution Provider, CSP)

詳細情報 (PDF)

 

 

Dynamics 365 の場合

Dynamics 365 も今までは指名パートナーの仕組みを利用していましたが、2019 年 3 月より、Dynamics 365 のインセンティブ制度を改善するために、DPOR 制度を廃止し、代わりに Online Service Advisor (OSA) 販売パートナーがパートナーセンターダッシュボード内で貢献の要求をマイクロソフトに対して行い、実施証明 (POE) を提出する方式に切り替わります。

 

 

概要

  • OSA 販売に関するパートナーとサブスクリプションの関連付けのアプローチがデジタル指名パートナー (DPOR) から要求モデルに切り替わります。これにより OSA インセンティブの支払いがより適切に行われるようになります。
  • グローバルで 2019 年 3 月 29 日より適用されます。
  • 要求機能は、OSA 販売パートナーのパートナーセンターダッシュボードとモダンパートナーインセンティブエクスペリエンス (PIE) で利用できます。
  • パートナーは要求の提出時に顧客ドメイン名、テナントID、実施証明 (POE) を提出する必要があります。
  • プライバシー上の理由により、顧客はパートナーアソシエーションの要求からオプトアウトする機会が与えられます。
  • 要求モデルの開始前に関連付けられたDPORについてはOSAパートナーは要求をする必要はありません。
  • 要求期間はトランザクション日から 90 日です。
  • サブスクリプションが期限切れになった時には、パートナーは新しい要求を提出して新しいサブスクリプションに関連付けられる必要があります。
  • DPORは オンラインサービス利用 (Online Service Usage, OSU) インセンティブ や顧客サブスクリプションの管理には依然として有効です。
  • OSA 販売の新規要求機能は Dynamics クラウドサービスの売上貢献を評価される ISV にも利用可能です。
  • 追加情報につきましては以下をご覧ください。

 

どこで実績を見られますか? ~ インサイト ダッシュボード

今までで説明をした、DPOR やその他のパートナーアソシエーションについて、自社のパートナー組織の実績を見るには、インサイトダッシュボード (My Insights) を使います。

新しい [インサイト] ダッシュボードでは、Microsoft Power BI テクノロジを活用し、以前の2つのレポート、パートナーサマリーレポート、およびクラウドサービスダッシュボードを組み合わせて、すべてのデータを1つのレポートに統合します。 このダッシュボードでは、コンピテンシーの進捗状況の追跡、利益の消費の確認、クラウドのサブスクリプションと消費の監視を行うことができます。

ダッシュボードを利用するための各種ドキュメントがトレーニングライブラリにありますので、参照してください。ユーザーガイドもご利用になれます。

 

 

関連記事