マイクロソフトは 3 月より他社に先駆け南アフリカ共和国のケープタウンとヨハネスブルグにアフリカ大陸で初めての大規模データセンターの一般提供を開始しました。まず初めに Microsoft Azure がこの新しいクラウドリージョンから提供開始され、Office 365 は 2019 年第3四半期に、Dynamics 365 は 2019 年 第4四半期に提供開始予定です。これにより、2017 年の発表が実現する運びとなりました。

IDC の調査によると、南アフリカにおけるパブリッククラウドへの支出は今後 5 年でほぼ 3 倍となり、クラウドサービスの採用により 2022 年までに112,000 の全く新しい仕事が生まれると予測されています。これにより南アフリカに拠点を置く組織のデジタルトランスフォーメーションが大きく前進する見込みです。

関連記事