リアルタイムでの除雪車運行状況把握と報告の自動化が可能に

北菱電興および日本マイクロソフトは、石川県加賀市が、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム Microsoft Azure を活用した北菱電興の除雪車運行システム「スノプロアイ」を採用したことを発表します。加賀市は、本システム導入により、除雪車の運行管理を IoT 化することで、リアルタイムでの運行状況把握や報告書管理の効率化を図ります。さらに、加賀市では、運用負担の軽減や季節変動の大きい負荷への対応も可能になるとともに、関連費用の削減も期待しています。

加賀市では、AI や IoT などを軸とした IT 人材育成に積極的に取り組むとともに、行政における最先端テクノロジの活用を進めています。その一環として、大雪の場合でも効率的に除雪車を運行することで、住民サービスの質を保つために、IoT を活用した除雪車運行システムの導入を決定しました。

続きはこちら

 

関連記事