外線発着信の電話機能を Microsoft Teams に統合できる Microsoft Teams 電話システム。その国内初の導入事例が、2018 年 11 月に稼働を開始しました。これを手掛けたのが協立情報通信株式会社 (以下、協立情報通信)。法人顧客を対象に、幅広い経営情報ソリューションを提供している企業です。それでは、この事例はどのような経緯で案件化され、導入の結果いかなるメリットをもたらしているのでしょうか。そしてクラウド ビジネスに対する同社の基本姿勢とは。情報通信システム部 部長の渡辺 正志 氏、設計・構築グループ グループ長の中島 俊一 氏、そして営業グループの矢澤 克之 氏に、お話をお聞きしました。

協立情報通信株式会社

情報通信システム部

部長

渡辺 正志 氏

 

協立情報通信株式会社

情報通信システム部

設計・構築グループ

グループ長

中島 俊一 氏

 

協立情報通信株式会社

情報通信システム部

情報通信システム営業グループ

矢澤 克之 氏

 

協立情報通信の概要について

―― まず会社の概要についてお教えください。

渡辺 当社は法人のお客様を対象に、企業の情報化を促進する経営情報ソリューションを、ワン ストップで提供している会社です。具体的なソリューションの内容としては、お客様の利活用を推進する活用教育、基幹業務ソリューション、クラウド、グループウェア、スマホ/タブレット活用、コミュニケーション & インフラ ソリューション等を、マイクロソフトを中心に、ドコモ・NEC・OBCといった各パートナー企業と一緒に協創しております。またそれらを弊社が運営する「情報創造コミュニティー(以下ICC)」にて、「知る・体感する・創造する」をコンセプトとして、数多くのお客様に活用体験して頂いています。

―― 創業が 1964 年ですから、もう半世紀以上の歴史があるわけですね。マイクロソフト関連のソリューションは、いつごろから手掛けていますか。

渡辺 Windows 95 が登場したころから、本格的に取り組んでおります。 2003 年ごろのSBS (Small Business Server) を経て、2009 年には BPOS (Office 365の前身となるサービス) の取り扱いをいち早くスタートしました。これ以降、マイクロソフトのクラウドサービスを積極的にお客様へご提供し、現在に至っております。

―― マイクロソフトのアワードも数多く受賞されていますね。

渡辺 「パートナー オブ ザ イヤー アワード 2005  (世界アワード)」でファイナリストになった後、「ジャパン アワード 2005」のワールドワイド アワード特別賞を受賞しました。またその後も、いくつかのアワードを頂戴しておりますが、やはり2011 年のワールドワイド・パートナー・アワードでWinnerとなったことが、弊社のクラウドへの取組みを加速させてくれました。

 

 

国内初となる「Microsoft Teams 電話システム」の事例

―― もともとは PBX の販売と施工を行う会社だったとか。

渡辺 そうです。特にNECのコミュニケーションシステムに関しては長い経験を持っています。最近では PBX とモバイル・クラウド・各種業務ソリューションを連携させた案件が増えています。Skype for Business の音声案件も複数手掛け、現在はMicrosoft Teams で電話機能を提供する「Microsoft Teams – PBX 構築」のソリューションも提供しています。

―― 2018 年 11 月には、国内初となる「Microsoft Teams 電話システム」の導入も実現していますね。これはどのような経緯の案件だったのですか。

矢澤 まずお客様からマイクロソフトに問い合わせがあった後、弊社におけるICC活用によるPBXとクラウドサービスの実績を評価いただき、マイクロソフトから本件引合いをいただきました。お客様は、イースト・アジアチック・カンパニージャパン株式会社という外資系企業の日本法人で、具体的なご要望は3つありました。「①外資系企業であることから、海外出張先を含め何処にいてもビジネスができること」、「②時間の有効活用を実現するため、必要なタイミングでミーティングが実施できること」、「③信頼性向上のため、お客様への迅速なレスポンス等、何時でも連絡ができること」というものでした。既に社内で Skype for Business を使っていたこともあり、前述の課題解決を実現できるMicrosoft Teams 電話システムに魅力を感じたと伺っています。そこで、最初にICCでデモや操作体験を実施しました。事前にICCにて、タッチ&トライを通して音質などを確認いただけたことで、お客様は安心されたようです。2018年

9月には、Microsoft Teams 電話システム導入の結論をいただけました。

―― 導入してから約 1 か月が経過しましたが (取材は 2018 12 月に実施)、具体的にどのような効果を発揮していますか。

矢澤 海外でも日本のオフィスにいるような感覚で、顧客や社員とコミュニケーションが取れることに、高い評価をいただいております。実は導入して 1 週間後、お客様の営業担当者の多数が本社会議に参加するため、ヨーロッパに出張したのですが、日本国内のお客様との電話のやり取りを、日本にいるときと同じように行えたそうです。これが非常に喜ばれており、将来は在宅勤務なども取り入れ、インターネット越しで業務を行えるようにしたいと言われています。

―― 音声品質や安定性はいかがですか。

中島 PBX をクラウド化するというと、クラウド側の問題で使えなくなるのではないか、という不安を訴えるお客様も少なくありませんが、運用開始後も従来と差異の無い音質により問題なく利用できることにご満足をいただています。

 

―― 構築のポイントを教えて下さい。

中島 利用端末はノート PC とスマートフォンですが、これらに Microsoft Teams のアプリケーションを導入しています。実質SE2名により短時間で構築いたしました。通常のシステム構築と比較して、時間や労力が大幅に軽減でき、お客様にとってはストレスなく導入いただけました。また、構築後の運用教育の効果もあり、スムーズに利用開始頂いております。更なる利便性向上、活用スキルアップを目的として、運用サポート契約も頂戴しております。

「情報創造コミュニティー」で各種セミナーを開催

―― 今回の取材は貴社の「情報創造コミュニティー」で行っていますが、ここはどのようなスペースなのですか。

渡辺 一言で申し上げますと、企業の情報と人材を活性化するための交流と学びの「場」です。今回導入事例となったMicrosoft Teamsを核としたOffice 365・Microsoft AzureプラットフォームとNEC通信システム、ドコモオフィスリンク・スマホ・タブレット、OBC基幹システムや、サイボウズ情報コンテンツとの融合ソリューションをご紹介するデモンストレーション スペースがございます。また、それらの活用能力育成を目的としたソリューションスクールを常設し、マイクロソフトに関するセミナーも継続的に開催しています。各種ソリューションや導入事例を「知る」、デモや体験セミナーで「体感する」、講師のアドバイスなどを通じて自社に合った情報活用を「創造する」、ということを実践しています。お客様には、導入前検討・導入後の運用改善もこの場所で、実際の商材を触っていただきながら行っています。

「情報創造コミュニティー」内のセミナールームと商談風景

 

―― 定期セミナーにはどのようなものがありますか。

渡辺 「マイクロソフト クラウド スタートアップ セミナー Office 365 & Microsoft 365編」、「Azureセミナー」といった聴講セミナーや、「チームの働き方を革新する ! Microsoft Teams のご紹介」、「Microsoft Teams から内線・外線の発信・着信が可能に! クラウド PBX 機能を実体験」といったハンズオン セミナーを定期開催することは勿論、お客様個別にも開催しています。ハンズオンは人気が高く、毎回すぐに満席になってしまいます。またこの他に、マイクロソフト品川本社のセミナー ルームをお借りして、セミナーを行うこともあります。

―― 品川でもセミナーを行っているのはなぜですか。

渡辺 マイクロソフトの本社で開催することで、より多くのお客様に来ていただくことができるからです。比較的規模の大きい聴講セミナーを品川で行い、ハンズオン中心のセミナーはICCで行うことで、幅広いお客様ニーズに対応しています。品川のセミナーに参加した方から、半年くらい経ってからお問い合わせをいただくことも少なくありません。こうしたセミナーは、新規顧客の開拓に大きな貢献を果たしています。

―― 今回の案件はマイクロソフトからのエスカレーションだということでしたが、このようなケースは多いのですか。

渡辺 ICCにより、利活用とITをセットで提案できることから、数多くの実績に基づいたノウハウによって、新規顧客開拓を含む全ての法人顧客へ展開が可能だと思っています。

クラウドは活用レベルを継続的に上げることが重要

―― 最後に、クラウドに対する貴社の考え方についてお教えください。

渡辺 クラウドはシステムを納品して終わりではありません。先進の情報を提案し、活用レベルを上げていくことが重要です。これによって新たな利用価値を、お客様と共に創り上げていく、これが当社のクラウド ビジネスにおける、重要なコンセプトになっています。また、当社の5つのパートナーの持つ魅力を融合し、当社の活用サポートを加えることによって、お客様の情報化に貢献できるものと考えております。

 

矢澤 このようなコンセプトを具現化するうえで、Microsoft Teams は非常に魅力的な商材です。マイクロソフトは毎日のように Microsoft Teams の新情報をパートナー向けに発信しており、ここからお客様に提案したいネタも次々と生まれているからです。またマイクロソフトの担当者からも、参考になるアドバイスを数多くいただいています。

 

渡辺 このような情報を、お客様個別に役立つ形で提案することこそが、当社が提供できる重要な価値だと考えています。今後もこの方針に基づいて、お客様にとっての価値創造に貢献し続けていきたいと考えています。

―― 本日はありがとうございました。

 

協立情報通信株式会社

1964 年に PBX の販売/施工業者として創業。その後ビジネス領域を拡大し、現在では法人顧客を対象にした幅広い経営情報ソリューションをワン ストップで提供しています。マイクロソフト関連のソリューションも早い時期から手掛けており、マイクロソフト アワードも数多く受賞。顧客に経営情報ソリューションの展開イメージをつかんでもらうため、2001 年には「情報創造コミュニティー」も開設しており、各種セミナーや体験講座なども積極的に開催しています。