多くのパートナーやお客様が、チャットボットやバーチャルアシスタントなど、対話型インターフェイスの設計に取り組むようになる中で、これらのテクノロジが人々からの信頼を維持しつつ、人々に貢献できるような開発方法に関する質問を受けることが多くなっています。こうした状況を受け、本日、責任あるAIにフォーカスしたマイクロソフト社内横断的な取り組みや、お客様やパートナーの声からの学びを基にマイクロソフトが作成した、対話型AIの責任ある開発のためのガイドラインを公表します。

 

対話型 AI は、私にとってもマイクロソフトにとっても新しい概念ではありません。実際、Internet Explorer の初期バージョン向けのグラフィカルチャットサービスである Comic Chat を1995 年に開発して以来、私は対話型インターフェイスの開発に取り組んできました。これらの経験や、Cortana や Zo などの最近のツールにおける経験から学んだ教訓が、今回のガイドラインの作成に有効でした。信頼できるボットの開発のためにマイクロソフト自身が従ってきた指針であるからです。

 

続きはこちら