東海大学は、複数の日本企業と連携し、長年にわたってソーラーカー プロジェクトを推進。世界最高峰のソーラーカー レース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」で 2 度の優勝を果たすなど、その実績は世界に広く知られています。そして迎えた、2017 年の「ワールド・ソーラー・チャレンジ」で再び優勝を目指し、ライバル チームを上回る「空気抵抗削減」の目標数値を設定。複雑かつ高度な流体解析を行うのに必要なハイパフォーマンス コンピューティング環境を求めて活用したのが、Microsoft Azure でした。

続きはこちら