アニメ、映画、演劇といったエンタテインメントは、従来、劇場や自宅など限られた場所で鑑賞するものでした。その制約を突破し、まったくあたらしい消費体験の創出に取り組んでいるのが、東宝です。「ゴジラ」など世界的知名度を誇るコンテンツを有する同社は、2018 年、「HIBIYA 2018」 と銘打った期間限定のプロジェクトをスタートしました。マイクロソフトの AI、MR(Mixed Reality : 複合現実) 技術を駆使することで、「エンタテインメント」と「リテール」を組み合わせた近未来の消費体験が生まれつつあります。

続きはこちら