電力自由化をはじめとする「電力システム改革」が、国を挙げてすすめられています。資源エネルギー庁の 2018 年報告によれば、2016 年から 2 年間で 568 万件の世帯、事業者が新電力への切り替えを選択し、468 の事業者があらたに電力小売事業に参入しています。激しさを増す競争下において、既存の電力事業者は、サービス価値の向上なくしてプレゼンスを維持することが困難になりつつあります。

こうした状況の中、東京電力ホールディングスのグループ会社で首都圏の送配電事業を担う東京電力パワーグリッド( 以下、東電PG )は、先進技術である AI の活用に取り組んでいます。同社では、これまで 1,000 時間以上かけて目視でおこなってきた電線の点検作業を、Microsoft Azure をプラットフォームにした AI システムによって自動化。工数およびコストを大幅に削減することで、「電力の安定供給」と「託送コストの低減」といったサービスの高価値化を加速させているのです。

続きはこちら